日本画・油彩画・水彩画・版画|創展・創作画人協会
■目次
創作画人協会小史

創展

創展応募要項
春季創展
創展だより
物故者
お問合せ
トップページ

創展とは

          第51回創展によせて       2017・9・吉日

創展に於いて最優秀賞である文部科学大臣賞に輝いた、会員新藤道典氏の画題”共生”( S 100号・アクリル)について所感を述べ、新藤氏の栄誉を称えたいと思います。

画題の”共生”は新藤氏がごく身近な風景である個人の庭に、共に生き延びる植物に対し、深い共感と愛情の眼差し向け、丹念なスケッチを重ねて、ありふれたモチーフでありながらロマンを感じさせる絵画芸術の世界を出現させた秀作であると評価されました。審査会では美術評論家の先生方は勿論、会の選考委員全員の賛同で文部科学大臣賞の決定を得ました。

この近年、新藤氏の絵画制作の技量は一作品ごとに急速な進歩を遂げており、第51回創展に於いて大きく花開く結果となりました。画面構成も良く、大きく張り出した芭蕉も独特なマチエールで描き出され、周囲の草花の描写も丹念に愛情を注いで描かれて居り、”共生”の画題にふさわしい安堵を感ずる雰囲気を醸し出しています。新藤氏の絵画芸術に対する日頃の探究心は会員の範たるものである事を付け加え作品の紹介、受賞の経緯、所感を述べました。

今回51回展は昨年末に亡くなれた前会長木間明先生のご提示になった”韻く”が会の課題となりました。搬入日には会員、準会員、会友の作品の他に、一般公募に参加された50余点の作家の作品で審査会場は賑やかでした。

創展に初参加の画家の中で、多くの実力ある画家の絵画に触れ感激しています。

第51回創展は、9月27日(水)から10月5日(木)迄、10月2日(月)は美術館休館上野東京都美術館で開催されています、入場無料ですので、お気軽にお越しください。約120点の力作の中には人気画家も居ります。創展の持つ伝統”自由・闊達”の中でこの様に会員がのびのびとその個性を発揮している展覧会も今や数少ないと思って居ります。

美術愛好家は勿論、多少ご興味のある方々、どうぞお気軽にお越しの上、楽しくご鑑賞ください!お待ち致して居ります!           

                      創作画人協会会長 森 務

 


                       

文部科学大臣賞 水彩画 ■作品名 :共生 新藤 道典

 

         会場風景

         表彰式

 

 

 

 


 
Copyright(C) 2005 So-ten All rights reserved.